サブリースと契約をするかどうかは、メリットとデメリットをよく理解した上で、自分にとってどちらに比重が傾くかで選ぶといいのではないでしょうか?
特にサブリースはメリットも大きいけれど、デメリットも大きい点が特徴的です。
ではメリットについて紹介します。

サブリースでリスク管理

物件を所有していても、不動産経営に対してはズブの素人という人は少なくありません。
もちろん素人でも試行錯誤を得た上で、しっかりと大きな利益を出している人もいます。
ですがサブリース会社は、不動産経営のプロです。
プロに任せてしまった方が、効率よくて安心という側面は否定できません。

確かにサブリース会社に支払う手数料は高いと感じるかもしれませんが、リスク管理という面から見れば十分にお金を払う価値はあると言えます。
特に最近は日本の人口は減少傾向にあり、一部の都心部を除けば空室率は著しく上昇しています。
そのため所有物件の半分は空室なんて事になってしまえば、家賃収入は激減してしまいます。
ですがサブリース会社と契約を結んでいれば、空室保証を行っているので、仮に空室があった場合でも安定した収入を得る事が可能です。

また入居者の中には家賃を滞納する人がいるかもしれません。
そして滞納する人に限って、厄介な人である可能性が高いのです。
個人で管理する場合は、家賃を長期滞納された上に最終的に夜逃げされたなんて事になれば、大損です。
それに滞納している入居者にお金を払って下さいと、なかなか強く言えませんよね。
ですがサブリース会社と契約をしていれば、滞納している人がいても家賃収入には影響しません。

確定申告が簡単でトラブルも回避

サブリース会社と契約をした場合、毎月の収入が安定しています。
さらに更新料や入居・退去に伴う必要も計上される事がないので、収支管理が非常に簡単で安定しています。そのため確定申告も簡素化する事が出来ます。

他にも入居者とトラブルに発展した場合でも、物件を所有していても、物件を管理している訳ではありません。そのため訴訟になった場合、当事者にならなくてすみます。
家賃滞納やその他入居トラブルなど、最近は増加傾向にあるため、面倒なトラブル管理も全てサブリースに任せる事が出来るのも大きなメリットだと言えます。

関連する記事